WORKS製作実績

WORKS製作実績

4

Baumの家具に使用している鋼材の特徴

黒皮鉄
鉄にも種類があり鉄を精製する際の方法により異なる。 黒皮というのは高温(1000℃程)で精製されたのち温度が下がるときに酸化してできる被膜のこと。 黒皮は自然に発生するものなので色の濃淡や手触りが一定とは限らない。 この酸化による黒皮はある程度の錆などを防ぐ効果があるが、塗装ほどの強度はない。 個体それぞれに表情があるため節ありの無垢材との相性はとてもよく Baumのコンセプトのラフな家具にはぴったりの素材です。
生地・酸洗鉄
黒皮鉄の黒皮を剝ぎ落としたものが生地鉄、さらに生地鉄を酸洗いしたものが酸洗鉄といいます。 どちらも見た目はステンレスに似た見た目。 基本は仕上げに塗装を施します。
PAGE TOP